代表挨拶

知財で稼ぐ。

これは、私がこれまでの知財活動の中で常に意識してきたことです。

知財で稼ぐ、すなわち、知財を活用して利益を出す、または損益を改善するためにはどうすればいいのか。

単に特許を出願して取得するだけでは十分ではないことは明らかです。 しかし、特許をどのように活用すればよいのか分からない、または、そもそも活用できる特許の取り方が分からない、このような課題をこれまでにたくさん聞いてきました。 特許を出願するためには費用がかかります。 また、無事特許権を取得できたとしても、特許の維持費用が必要になります。 したがって、役に立たない特許は単なるコストであって、企業経営を圧迫する原因にすらなり得ます。

知財で稼ぐためには、当然ながら、特許戦略の立案が必要です。 特許戦略の立案には、企業の経営戦略、事業戦略、及び技術戦略等を参照する必要があります。 特許戦略だけを独立して立案しようとすると、単にコストを増加させるだけの特許出願戦略になるおそれがあります。

私は、これまでに多数の特許ライセンス活動、および特許売買等の経験をしてきました。 この経験をもとに、各事業部門の責任者と話し合いながら、収益を改善するための知財戦略を立案した経験もあります。

これらの経験に基づき、弊所は、単なる特許の出願に留まらず、貴社が特許で稼げるようにサポートをすることを目的として設立されました。 貴社が特許活用で成果を出すためのお手伝いをさせて頂ければ幸甚です。

最近の記事

  1. ブログ2

    2018.08.7

  2. ブログ1

    2018.08.5

PAGE TOP